アクサルタ、Team MUSOH(東京大学とホンダ テクニカル カレッジ )に水性塗料スタンドブルー®を提供


TeamMUSOH(東京大学とホンダ テクニカル カレッジの共同チーム)がラリー・モンテカルロ・ヒストリック 2018に参加します。

2018年1月末に開催されるラリー・モンテカルロ・ヒストリック2018には、過去にモンテカルロラリーに参加したことのある1955年から1980年までのモデルのみが参加できます。

TeamMUSOHは、今回のイベントのために、スバル1300Gを完全に復元しました。このスバル1300Gは、自動車塗料のグローバル企業、アクサルタ コーティング システムズ(NYSE: AXTA)により提供された水性塗料(スタンドブルー®)で塗装されています。

アクサルタからのサポートは、1950年から1960年まで販売されていたスバルのオリジナルOEMカラーのカラーサンプルパネルを準備することでした。そのカラーサンプルには、コットンホワイト、キャスレホワイト、プラザホワイトがありました。TeamMUSOHはキャスレホワイトを選びました。

驚くべきことに、アクサルタはスバルの古いOEMカラーのマスターピースを保存していただけでなく、最新技術の水性ベースコート、スタンドブルーを使用してカラー配合を開発しました。

「弊社の持つ技術を最大限活用ができたことが、昔の色を正確に再現できた要因です」と、このプロジェクトの責任者、アクサルタジャパンのAPのアカウントマネージャーを務める宮本祐二氏は述べています。

このプロジェクトを進めるにあたり、8月にアクサルタ宇都宮トレーニングセンターで水性塗料の正しい塗装法を習得するためのトレーニングをTeamMUSOHに実施しました。TeamMUSOHは、9月末には車の塗装を無事完了し、ホンダ テクニカル カレッジの学園祭でスバル1300Gをお披露目しました。その後、10月には車の改造を済ませ、11月に日本で行われるラリーにテストのため出場し、ラリー・モンテカルロに向けての準備を進めています。スバル1300Gは、2017年12月にはラリーに向けて欧州に輸送されることになっています。

ラリー・モンテカルロプロジェクトは、東京大学とホンダ テクニカル カレッジの学生教育プログラムの一環として行われます。両校の学生は、アクサルタとの協業を通して貴重な経験を得ることができました。

アクサルタとTeamMUSOHの連携は、アクサルタの技術的優位だけでなく、製品性能を最大限に発揮するためには技術トレーニングが重要であることも証明しました。